犬ヶ島

映画の日!

The West Coast Pop Art Experimental Band/I Won't Hurt You

1日の映画の日、レイトショーで映画を観に行ってきました。好きな監督の一人、ウェス・アンダーソンの日本を舞台としたストップモーションアニメーションの映画。

ストップモーションアニメーションといえば、ピングーやウォレスとグルーミット、ひつじのショーン、ミトン、チェブラーシカ、トランプトン・・・思い出すだけでもいろいろあってちょいちょいお目にかかるのですが、私が今まで目にしてきたストップモーションアニメーションって子供向きで。あー、ナイトメアビフォークリスマスは違うか。

この映画はどちらかと言えば大人向き。子供が「うわぁ!犬が可愛い!!!」って言うような映画ではない。



今回の映画、なんですがね。

犬ヶ島メイキング
ストップモーションアニメーションの映像がリアル過ぎて、逆にこれCGなんじゃないの?って思うことが多々あって、映画の中に出てくるテレビの映像が本当のアニメで、これって全部手作りなんだと思うとちょっと怖くも感じました(映画の内容が怖い訳じゃないんだよ?)そう、CGで全て作られました!って方がしっくり来るほどのクオリティ!(褒めてますからね!それくらいストップモーションアニメーションの凄みを感じるのですよ!)


また、これまでに日本を舞台にした外国映画は観たことがあるけれど、ここまで日本っぽくなくて、だけどやっぱり日本で、微妙に懐かしいなと思うところがあったりして(一応、映画の設定としては20年後の未来の、ウニ県メガ崎市って架空の都市なんだけどね)、音楽も、和太鼓や笛といった日本の楽器で作った音楽や、七人の侍の音楽があったり、未来の話の中に絶妙に懐かしさを感じたりする中に、70年代サイケデリックをぶっ込んできてて。私はウェス・アンダーソンの映画で使われる音楽が好きなので、今回の映画の挿入歌も好きでした。


まぁ、もう映像は鮮烈でした。



ただ。


漠然と観る分には全然問題ないけれど、細部まで見入るのが難しいので、一回だけ観て笑ったり、泣いたり(?)はできないなと。



ちょっと、もう一回観てみたいわ。



ちなみに、アメリカに住んでる友達が。この映画はアメリカでも話題なんだって言ってたな。


話題作。


ええ、分かる。ただ、私の頭脳(スパークリングワイン1本空けた後)ではちょっと処理しきれなくて。





あ、最後、子犬の餌に小さいお茶碗が並べられるのかわいかった。
















[PR]
by lunemusique | 2018-06-03 23:15