ひょっこりはん

「今日帰るわ。」

Public Enemy/Brothers Gonna Work It Out

ゴールデンウィークって一瞬で終わったよね。なんじゃこの憂鬱な感じ。はぁ。これが五月病なんじゃない??

そう言えばこのゴールデンウィークに、もう10年以上会ってない兄が「今日帰るわ。」とメールをして来て、一瞬どこに帰ってくるのかよく分からなかったのですが、よくよく話を聞くと我が家ってことでした。
私の兄は出張族で色々と飛び回っているような人なので、一体彼はどうやって生きているのか謎な部分が多いのです。

私と兄は特に仲が良かったとは思わないけれど、だからと言って仲が悪かった訳でもなかったし、まぁ、一般的な兄妹がどんな関係を保っているのかは知らないけれど、お互いのテリトリーの範疇は犯さないようにという暗黙の了解の上で成り立っている関係というか。

そんな兄が突然帰ると言って来て、びっくりしたのです。


兄にはいつ帰ってくるのか、というかどこから帰ってくるのかを聞くと、飛行機で帰ってくるというので、あいにく今は家に誰もいないから空港には迎えには行けないけれど、最寄りの駅に到着するくらいには誰かが家にいると思うから連絡をしてくださいと伝え、私は夕方から家を開けるので、母にその旨を伝えて家を出ました。

用事を済ませて家に戻ると、10年以上ぶりに兄を見かけました。

我が家は兄が仕事の関係で家を出た数年後に引越しをしたので、兄は今の家に全く住んでいません。なので、兄が家にいる光景が不思議でなりませんでした。

そして、白髪交じりになった髪の毛を見ると、兄も歳をとったんだなと思いました。


近況を聞くと、忙しく働いてるようでした。

私も、仕事を辞めてニートを1年近くしていたことだったり、その間に旅へ行ったことだったり、今働いているところはよくしてもらってるんだってことを言ったりと、10年以上も会っていないので外見は多少変われど兄自身はあんまり変わっていませんでした。

両親は兄が帰って来たことに嬉しそうだったし、兄も元気そうだし、良かったな。ああ、うちの家の家族ってこのメンバーなんだなって久しぶりに感じました。


兄はちょいちょいお土産を送ってくれたりするので、いつもお土産送ってくれてありがとうと言うと、インテルのボールペンとか、スタバの限定商品とか、パンナムのカバンとか、モリモリと出しては「いいだろ?土産だぞ!」とくれました。そして、財布から手持ちにあるシェケルとユーロの小銭を小遣いとしてくれました。ユーロは多分使うことがあるだろうけれど、シェケルは今のご時世では難しそうね。


本当であれば一杯飲みに行きたかったんだけど、兄も出張から出張へ行く間でひょっこり帰って来ただけなので、お疲れモードのようで断念しました。いやぁ、一杯だけ、マジで行きたかったなぁ。


翌日、ちょっとだけ話すと、兄は出張先へ赴きました。




身体にはくれぐれも気をつけてほしい。






追伸:今回も仕事は何をやっているのか聞いたけれど、何度説明されても私にはよく分からない仕事でした。














[PR]
by lunemusique | 2018-05-15 00:06