去年末からなつやすみのことばかり考えている。

なつやすみ、10連休になったらいいのにな。


MADCHESTER Complete

うまいこと利用すれば、1日有給が取れたら、10連休という連休が取れそうななつやすみのことで毎日頭がいっぱいなわけです。

ブエノスアイレスにするか、ノッティンガムとパリにするか、シカゴとニューヨークにするかで悩んでいて、さーどこがいいかなーと毎日航空券の値段をチェックしながらニヤニヤしています。


しかし、今の所、二つ頭を飛び出してノッティンガムとパリが有力になって来てる。



その理由が!



友達が日本に来るから、航空券を取るにあたってどうこう話してた時に聞いたこととして。


「そういやさ、ノッティンガムってどこの空港が近くなの?この間みたいにロンドンから電車で行くの?」

「ロンドンよりも近くに国際線の空港あるよ。バーミンガムか、マンチェスターだよ。」

「え?なんて?」

「だから〜。バーミンガムかぁ、マンチェスターだって。」

「ま、マンチェスター?」

「そうだよ。マンチェスター。」


マンチェスターって、音楽以外で人の口から聞いたの初めて!改めて、彼女たちはイギリス人なんだなって思いました。

やーだー!マンチェスターって憧れ地名じゃない。


「マンチェスターは都会だから、バーミンガムより遊ぶところもパブも多いよ。」

「そうなのね!ヒャダッ!!!!」

「そうだよ。」

「私ね、音楽好きだからマンチェスターって憧れだなぁ。行ってみたいんだ。」

「そうなんだ。」

「ハシエンダだよ!」

「ハシエンダって何?」

「ハシエンダってクラブがあったんだよ。昔にね。音楽ムーブメントもあってね。でも、ずいぶん昔のことだから、お母さん世代かも?でもね、私はマンチェスターのその時代の音楽に影響受けたし、すごく憧れなのよ。」

「そんなに行きたいなら連れて行ってあげるよ?私、運転下手くそだけど、マンチェスターで降りるなら空港に迎えに行ってあげるし。」

「マジで?」

「うん。ノッティンガムから車で3時間くらいかな。」

「うえええええええええ!!!いいの?本当に?」

「うん。もちろんだよ。」



そんなことを言ってもらったお陰で、憧れのマンチェスターに行きたい病がジワジワ来てます。



24アワー・パーティ・ピープル [DVD]

スティーヴ・クーガン/メディアファクトリー

undefined

公開時にそそくさと観に行った、24アワー・パーティ・ピープルを思い出し、サントラでテンション上がるゥゥゥー!(映画もいいし、サントラもいい。)




ただ、休みのことはまだオフレコなので、テンションが上がってるだけなんだけどね。




連休くれ。くれくれくれ!





















[PR]
by lunemusique | 2018-04-10 00:01