サスペンダー

四十路ですが、いいんでしょうか?

Britney Spears/Me Against The Music ft. Madonna

この間懇意にしている食堂でご飯を食べていると、「ルネちゃん、ズボンからシャツが出てるわよ!」と指摘を受けました。
分かる人には分かると思いますが、中川家のネタでオカンがパンストを履くときというような感じでズボンを上にぎゅっと引き上げるんですが、ズブズブずれてくるのでみっともないです。

女性物のベルトって細いものが多くてあんまり好きじゃないので、男性物のベルトを締めたりしていたのですが、最近痩せたこともあって(ちょいちょい自慢ぶっ込んどくわ!)サイズがまぁ合わない。

なので考えた挙句、サスペンダーを使うことにしました。

最初は黒いサスペンダーが欲しかったのですが(そう、ブリちゃんみたいなやつ!)、H&Mで(これも男性用のところに売ってたものだけど)ミスタービーンみたいなサスペンダーを見つけたので一度買ってみることにして、付けてみるとこれが結構かわいいので、これから使えるなと思いました。

サスペンダーなんて、本当に小さい頃に付けてたぶりなので、四十路のババアがサスペンダーなんて付けてもいいものなのか迷いもしましたが、人に見てもらうと「ええ感じやで!」と言ってもらえることもあって、私の心の中の川平慈英さんが「サスペンダー?四十路がサスペンダーしてもいいんでしょうか?いいんです!!!」と、ゴーサインを出してくれました。味のドルトムント!!!

あと、母に、「シャツは前をインにして後ろは出すのよ!」と、ファッションの極意みたいなものも教わったので、後ろの部分はシャツをちょいと出してサスペンダー。



サスペンダーいいよ。





使える◎














[PR]
# by lunemusique | 2018-09-26 00:42

意外とかんたん。

香港の味(?)クリスピーポーク。

香港に行くと、必ず食べたいのがクリスピーポーク。
甘じょっぱいタレをいっぱいかけたご飯の上にどーーーーんとカリカリ豚皮の三枚肉の切り身が乗ったものも好きだし、それだけで食べるのも好きだし。酒のアテにも持ってこい。

以前から、日本でも買えないかなと思って探していたけれど、売ってる店はあっても結構高い。

「じゃー自分で作ってみるかー!」

と、一度自分で作ってみることにしました。



まず、手に入れなくちゃいけないものは、皮付きの豚肉。これはネットで買おうかと思っていたところ、近所の肉屋さんで手に入ることが分かりました。やった!
次に五香粉という粉なんだけど、買おう買おうと思いながらも買わず(笑)

皮に毛がついてるので大まかに毛抜きで抜いて、ちょっとだけ皮面を湯がいて表面の汚れをこそげ落としました。
家にある塩胡椒、にんにくパウダー、おろし生姜を肉に揉み込み、目分量で作ったマリネ液(醤油、酒、メイプルシロップなんか混ぜたやつ)に肉を投入。

ネットで上がってるレシピどれもに書かれていたのは、皮に液を漬けないことと、皮には思いっきり穴を開けること、マリネ液に浸すときに蓋やラップで覆わず皮を乾燥させること。

これらを守り、皮面に粗塩を振って200度くらいで様子見ながら焼きました。最後は皮をカリカリにする為に少し温度上げたけど、200度くらいでもカリカリになる。


「できるのかなぁ?」


と心配していたのですが、時折様子見程度で1時間くらいで身はふっくら皮はカリカリ焼き上がり、失敗もなく美味しいクリスピーポークが出来上がって歓喜!!!!

五香粉があればもっと風味が本格的なんだろうけれど、家にあるものだけでも十分充分美味しいものが出来上がりました。


うちにはオーブンが無いけれど、トースターでも出来ます。
あと、お肉に浸すのは丸1日以上あっても良いかもなと、今後クリスピーポークを作るときの課題が出来ました。(今回は昨日の夜に漬け込んで仕事から帰ってから焼いたので1日ない)



肉は1kg買って半分試しに作ったので、あと半分はマリネを丸1日以上にしようと思います。






うまい!













[PR]
# by lunemusique | 2018-09-10 21:19

ダラダラダイエット

ここ最近、やっと人間に見られるようになってきたお。

Beck/Looser
昔、仕事のストレスや病気になって入院した時に痩せて、それからちょこちょこ痩せるようにして痩せられたんだけど、いつからか面倒臭くなってやめました。

いろいろなこともあって、自分の好きなものは食べられる時に食べないと勿体無いなと思うようになって、体重計も何年も乗ることをやめていて、自分が何キロあるかなんか全然知らずでした。

会社に勤めるようになってから、健康診断で身体測定をすれば案の定太っているには値するけれど、気にもしていませんでした。
あと、コレステロール値が異常だったけどね。




ある日。

翌日に出掛けることになっていて、さぁ、何を着て行こうか!なんて洋服を選んでいたときに、着れない洋服がいっぱいあって、うわーこのコート、ボタン閉まらない!って爆笑しても何にも思いもしなかったし、そんな言うほど太ってるかな?なんて自分自身は思っていたので、ボタンが閉まらないことなんて私にとってはどうでもいいことでした。

お出掛けの当日、少しタイトな格好をしていた私。もちろん、コートは無理やり閉めたボタンが笑っていたし、ズボンはお腹がウエストからもっこりと溢れていたけれど、何にも気にもしてなくて。

で、その時に入ったデパートで衝撃を受けました。

デパートのエスカレーターって、よく両サイドがガラス張りになっているところがあるでしょ?
そこで、鏡に映る私を見たときに、「私、こんなデブだったんだ!」ってこと。鏡で正面を見ることはあっても、サイドを見ることが全くなかった私は、その衝撃に度肝を抜かれました。

い、いいいいいい。


その日、家に帰って、これはただ事ではないと体重を測ってみました。

体重は、前に健康診断をしたときから5キロ増加していて、これは体にとっても負担をかけていたなと反省をしました。


さ、これは生命的にもどうにかしなくてはいけない、と思ったその夜。

通常痩せようと思うと1ヶ月でどうにかしたいと思いがちですが、私は1ヶ月でどうにかしたところで、それこそ元の鞘になってしまえば意味がないので、長期間になることを覚悟した上で計算をすることにしました。

〇〇kgになりたい、と思えば、1ヶ月何kg痩せるのが妥当か?

体に負担がない、リバウンドしにくいのは体重の5%。そこから計算をして、約3kgというのが痩せられる体重だと分かったので、計算をすると、10月末にはそうなれるだろうということが分かりました。

3kgというと、一日ほぼ100g。100gって、結構簡単に行きそうだと思えない?いや、やろうと思えばできるよね?

なんて思うと、そんなに難しいことではなさそう。

じゃあ、ちょっとずつやってみよう。

そう決めてやり始めたのですが、やる前に決めていたことは、炭水化物を抜く、とか、甘いものは絶対食べない、とか、そういう何かを抜くこと。私はパンもご飯も麺類も大好きだし、お菓子なんかすっごい好きだし、それを断ってしまうと絶対嫌になる日がくるだろうなと思っていたので、何かを断つことはあえてやめました。酒も飲むし、食べるし。でも1日100g減るように。

ただ、運動は嫌いだから運動はしない。けどね。


やり始めて数ヶ月経った日。いつも懇意にしている食堂で、

「あれ、ルネちゃんちょっと痩せた?」

と言われるようになりました。

内心は「ゲヘヘヘヘ、そうなんです!そうっす!そうっすよ!!!」なんて思っていたけれど、「えーそんなことないですよ?」と言い続けとぼけていました。

人に「実は〇〇kg痩せました!」と言えるようになるまでは、そういうことを繰り返していて。

ズボンがすっと履けるようになった日、ああ、めっちゃ頑張った!ああ、やれば出来る子YDK!!!!と褒めて、あともう少しだ!!!と励ましながら。


今月、月一で出会う業者さんに

「ルネさん、痩せましたよね?めっちゃ痩せましたよね?」

と言われて、

「はい。痩せましたよ。」

と言いました。

「ですよね?全然違うもん!」

「でしょ?だって〇〇kg減りましたからね。」

と言うと、めちゃくちゃ驚いていました。


どうやって痩せたかを聞かれたときには、正直に今までやっていたことを伝えると、「それだけでそんなに痩せられるものなんですか?」と言われたけれど、決まりごとはそんなに複雑じゃないし、期間も長期だし。「すごいなぁ!」と関心されました。

「職場の人にも言われませんか?」
「言われたことないですよ。」
「えーーー!!!でもこんなに痩せたらすぐ分かるでしょ?」
「だーーーれにも言われないので、言われて嬉しいですよ。」
「えーーー!!!!そんなもの?」
「まぁ、ほぼ出会わないですからねぇ。」
「そうかぁ。」


ゲヘヘヘヘへ。やってんの、やってんの!頑張ってんの!!!




あと2ヶ月。


2ヶ月すれば多分、目標体重なる!!!




YDK俺!!!!!















[PR]
# by lunemusique | 2018-08-27 01:16
が、新幹線に乗る。

Giorgio Moroder/In The Middle Of The Night

台湾は大好きな国の一つで、ここ数年は、毎年一度は台湾に行ってる。年に二度行くこともある。
何が好きって、食べるものが美味しいことと、人がとても親切で優しい。そして、夜が長くて面白い。
ファストファッションのNETで掘り出し物を探し、台北の地下街でも面白グッズを探し、私が定宿にしている宿の近くにあるスーパーでエキセントリックな日本語を探して一人爆笑するのも、私の旅の楽しみの一つでもあるのです。

毎回台北でウロウロしてるのですが(行きつけのおじさんの青空食堂とか、夜市とか最高で)何回目かに台北でパイナップルケーキを作る会に参加したときに、海外組で一緒に作ることになった同じ班のフランス人の女の子が「台中はマジ行きや。ええとこやで!」と教えてくれたのがずっと頭に残ってて、台中に行ってみたかったのです。

私の職場は、好きな日に夏休みを取っていいという制度なので、9月の連休に1日休みを取って台中まで新幹線で行くことにしました。

そう、乗り物も好きな私は、台湾新幹線にも乗ってみたかったのです。なので、今回はダブルで願いが叶うことに!やったね!!


台中は初めて行くので、現地ツアーに参加することにして、台中までの往復は個人で新幹線のチケットを買いました。日本のJRレイルパスのように、台湾新幹線も外国人向けの割引があり、サクサクと予約しました。


台中、楽しみだわぁ。




どんなところなんだろう?












[PR]
# by lunemusique | 2018-08-07 00:44
やっぱ何が好きって、旅行ね。


The Kinks/This Time Tomorrow
去年末、友達と飲みに出かけたとき。歌を歌いながら歩いていると、レストランの前でおじさんに声をかけられた。

「お姉ちゃんたち、今から飲みに行くの?」
「そう、そうですぅ〜!」
「ここ、美味しいから入ったら?」
「えー!そうなの?じゃあ入る!」
「おっちゃん、ここの人と知り合いやから聞いたるわ!」

と言って、おじさんはお店の中の人に今から飲めるかどうかを尋ねてくれました。

「オッケー!じゃあどうぞ!」
「えーありがとう!!なんならおじさんも一緒に飲みます?」
「いや、おっちゃん今飲み終わったとこで帰るねんよ〜!」
「そうかぁ〜残念!でもありがとう!!!」

促されて入ったところは、イタリアンな居酒屋みたいなところで、カウンターに座るように言われました。

「さぁさぁ、今からどうする?なに食べようか?」

なんておしゃべりをしていると、私たちが座って少しした後に、私たちの両親より少し若いくらいのカップルが入ってきた。

友達と二人でメニューとにらめっこしていると、私が座った席の横に女性、その隣に男性が座り、私たちの顔を見て、

「ハロー!」

と言ってきたので、

「ハロー!!」

と元気よく返しました。そうすると、

「私たち、観光客なのよ。」

と話しかけら、

「えー!どちらから?」
「マレーシアよ。昨日、東京から大阪に来たの。」
「ええええー!!!マレーシアって遠いですね。」

なんておしゃべりをし合っていると、

「あなたたち、ここにはよく来るの?」

と聞かれ、

「さっき、おじさんに声をかけられて入っただけで、初めてなの!」

と言うと、

「私たち、日本語が読めないから分からないんだけど、何を売ってるのかな?」
「ピザと、ビールと、ワインと、、、チーズとか前菜もあるし。イタリア系かな。訳してあげようか?」
「お願いするわ。」

そう言われて、メニューを訳してあげました。

オーダーしたものが来て、食べながらおしゃべりもして。


おじさんとおばさんご夫婦は南極に二度行ったこともあるって言ってたし、旅行が大好きなんだって。
行った時の写真をたくさん見せてくれて、「アフリカはいいわよ〜!!ケニア最高よ!」と教えてくれました。

「うわぁ。リアルのシマウマって初めて見た!」
「ほんと、近くにいるのよ。素敵だったわ。」
「ヘェ〜すごい!!!」

メニューをオーダーしてくれたから、と言うことで一杯ビールをご馳走してくれました。


「マレーシアに来ることがあったら是非尋ねてちょうだい。私たち、クアラルンプールの市内に住んでるのよ。」
「ええ!もちろん!!!」

そう言って、ご夫婦は名刺を下さいました。


何度かメールのやり取りはあったものの、そこからは特に何もなかった今年。





ネットでサーフィンしてた時に、エアアジアの広告が出てて。

エアアジアって乗ったことないけど、どこに就航してるのかな?とサイトを見て、航空券が一体どれくらいの価格なのかを調べてみることにしました。

あら〜タイとかもう10年以上行ってないし、行きたいなぁ。
あ、ベトナムにも行けるのね。

インドもか!

あとは、ハワイにニュージーランドも!!!


そうやって調べていると、タイは直行便があるけれど、ベトナムは経由で、経由地がクアラルンプールとなっていることに気がつきました。


クアラルンプール!?!?


その文字を見た時に、おじさんやおばさんが元気に過ごしているのかな?と気になりました。


さて、関空からクアラルンプールは何時間かかっていくらなのか。


どん。


チケットのみだと往復2万5千円くらい。時間は行きが7時間強、帰りは7時間くらい。


えーーー!行こうと思えば行ける!!!!



そう思って、おばさんにメールをしてみると、おばさんはすぐに連絡をくれて、「いやぁ、久しぶりじゃない!良かったら是非遊びにおいで!」と言ってくれたので、この機会だし、行くことにしました。


エアアジアって、先に会員になるとプチ割引もしてくれて、元から安いのに300円引きにしてくれました。預け荷物と、帰りの飛行機に機内食を付けてしても3万ちょい。300円割引になったし、350円のハーゲンダッツアイスとキットカットとマカロニサラダのセットを付加して。うわぁ、ほんと、最高じゃない。



36歳の私から、37歳になった私へ誕生日プレゼント。






楽しみいっぱい!



















[PR]
# by lunemusique | 2018-07-29 23:51