カテゴリ:永久版おんな二人の珍道中〜10年後〜( 36 )

12月7日

あと1時間くらい後の飛行機でデュッセルドルフを発ち、ヘルシンキ経由で日本に帰る


この旅は自己満足を満たせたかそうではなかったか、なのだと思う。


そういうことではとても満たされた。

たくさんの場所に行けたし、楽しかった日々を鮮明に思い出した。
友達にも会えたし、やりたいことはほとんどやって来た。


楽しかった。







生きることは、辛いことの繰り返しの方が多いのかもしれない。


だから、励ます言葉が多く存在するのかな。




同じ時を生きた人間との、突然の別れがこんなにも辛いとは考えてもみなかった。

いろいろな言葉をかけて、暗示をかけるように奮い立たせたとしても、やっぱり辛いものは辛い。






「いつか行こうね」なんてハッキリ日にち決めなきゃ「いつか」はもう無かったんだよ。

「いつか」って、曖昧な返事だよね。




なんというか。



心境は未だに複雑なままなのですが。




「あの子はもういないんだよ」と、現実を突き付けられるのが凄く嫌だった。





私がいちばん楽しかった日々。


それは、いつもあの子と一緒だったと思う。






この旅は、もう終わる。


これからどんな辛いことがあっても、生きて行ける自信と勇気が持てました。



一人でも、一人じゃない。




あなたはどこにでもいて、ちょっと斜め上の方から私のこと、ニヤニヤして見てるんでしょ?







また、帰ります。







また、逢おう。



















[PR]
by lunemusique | 2016-12-07 10:27 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

12月6日

最近は暗くなると眠たくて、すぐに寝てしまう。

昨日はスーパーに買い物に行って、少ししてから寝てしまった。


今日は最終日。



今、ケルンに向かう電車の中。






旅はまもなく完成する。







ねぇねぇ、ドイツ、どこが良かった?


チェコは災難だったね〜。


でもロンドン、パリはおしゃれな感じじゃなかった?


意外にスロバキアの雑貨好きだな〜!


ウィーンってドイツと似てるのかと思ったけど、違うね。

ザッハトルテ食べなかったけど、美味しいケーキ食べられたから良かったね。





今日は最終日だから、いっぱい思い出作ろう。














[PR]
by lunemusique | 2016-12-06 12:27 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

12月5日もう一回

ポケモンGO、実を言うと全然ルールが分からないのです。


いや、あれだけ盛り上がったのは、あの子がポケモン大好きでさー。

遺品にたくさんポケモングッズをいただいたのです。





今回、旅にイーブイを連れて来たのは、有名なピカチュウ以外に知ってるキャラクターがイーブイで、それは以前にポケモンのキャラクターで何が好きなのか聞いた時にイーブイと答えていたからで。


それで、なんだけど。


私、ゲームとか全然疎くてうまくできないから、何が面白いのかと興味がなかったんだけどね〜。

それに遺品が大量のポケモングッズで、「一切興味ないのになんでポケモンなんっすか(笑)」みたいに冗談めかしてみんなで笑ってたの。

その場で使うのと、汚れた時に変えるためのとで大体同じのが2、3あって。

ほんと。


もう。


ぜーんぶぜーーーんぶ興味のない人の手に行っちゃったよ。



それで、ポケモンGOが出る前に逝っちゃってるから、あの子めちゃくちゃやりたかっただろうなーと思って。



だから、ポケモンのことをちょっとずつ覚えることにしたの。

家の中のポケモングッズも、使ってる。

ポケモンセンターにも行ってる。



未だにあんま分かってないけど。


ちょっとずつ覚えてる。



前使ってたiPhoneにポケモンGOダウンロードして、いえに置いてる。


「家に遊びに来た時に、いつでも出来るように」って。







ポケモン20周年でさー。


ベルリンに着いた時に、ソフトが11月23日発売!!!って広告がいっぱいあって。

イギリスの友達はポケモン好きだし、ノッティンガムの宿の受付の女の子が、私のピカチュウのキーホルダーに発狂してて話が大盛り上がりで。


ポケモンって本当にワールドワイドなんだよな。





いやー、そういうことで34にしてポケモンを始めた(?)けど、ヤングと話のネタになるっていいよいいよ。








新しい扉叩けた。




あなたのおかげです。














[PR]
by lunemusique | 2016-12-05 13:00 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

12月5日

序盤の天候は雨や雪に見舞われたけれど、今はどの日も晴れていて、毎日空に飛行機雲が見える。

飛行機雲、まぁね、単に飛行機雲なんだけど。


飛行機雲見ると、ここにいますってサインのような気がしていて、昨日は空港からの帰り道にも見えて、「おーい、今日はデュッセルドルフに戻って来たぞーーー!!」なんて思った。




今日、市内観光に行くつもりだ。。。。がまだゴロゴロしてる。
















[PR]
by lunemusique | 2016-12-05 11:01 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

12月4日

パリ北駅から4時間くらい。

最終目的地、デュッセルドルフに到着。

前回は空港のみの利用だったので市内は知らなかったけれど、中央駅も駅の周辺も結構こじんまりとしたところ。


チェックインの時間よりも早く到着したのは分かっているので、受付のおじさんに荷物を預けて空港へ行って来た。


荷物ははち切れそうなほど詰まっている。

そのどれもが思い出があって、友達のくれたプレゼントもぎっしり。


空港へ来た理由はスーツケースを買うこと。


最初は買うつもりなかったけれど、逆にもう買わないと持って帰られないほどになっているので、これをきっかけに買うことにした。


そう、リモワね。



電車で15分くらい。空港へ着いた。



うわー。

スターバックスがまだあった!!!!


とシミジミしてしまいました。



あの上でお茶したんですよ。

本当はイビザからコペンハーゲンまで行く航空券を発券してもらわないとダメなのに、発券してもらえてなくて。

発券しに行って。

適当なCAの所為で、あの日の夜、エライ目にあうっていう。


お金ないからびっくりするような値段のフラペチーノ飲んだ。


飲んだわ。



クリーム無しのフラペチーノ。





いやぁ、もうババアだから涙腺緩くなってね。




ああ、そうだったそうだった。




って。




今、あの時と同じリュック背負ってるよ。


ああ、あの時も荷物いっぱいでエライことなってたわ。




まぁ、今みたいに荷物のことは規制が緩かったから持って帰られたけどね。





今回はスーツケース買いました。





















[PR]
by lunemusique | 2016-12-04 18:52 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

12月1日

フランクフルトから電車でパリに来た。

「パリの彼♡」と冗談を言っていたのが懐かしい。

パリっていいよなー。街並み、景観が好き。うん、大好き。


週末にドイツに戻ると、この旅ももう終わる。

一か月、あっという間だったなー。

そして、この一か月で、いろいろなところに行けたことに感謝しかない。


この旅のきっかけを作ってくれたあの子に。

「行って来なさい」と背中を押してくれた両親に。

「逢おう」と言って時間を作ってくれて逢ってくれた友達に。


過去の想い出を振り返ることも、新しい想い出を作ることもたくさん出来た。




パリ、飛行機雲がいっぱい見える。




あの子、喜んでるのかな?




そうだといいな。














[PR]
by lunemusique | 2016-12-01 17:04 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

11月29日

早朝のバスに4時間揺られ、飛行機に乗ってフランクフルトへ来た。

まず、早朝のバスが遅延してドキドキしてしまった。7時15分発なのに、全然来ない。まぁ、こんなこともあっては困るのでと出発時刻の3時間前に空港に到着するバスを選んでおいて正解。バスは30分遅れでやって来た。

今回、ドイツとオーストリア、スロバキアとイギリスとと長距離バスに乗ったが、バスの遅延で"謝罪"の言葉を言ったのはイギリスだけだったので、逆に何度も何度も謝る運転手さんに恐縮してしまった。

「お客さま、大変申し訳ありません。今日のバスは渋滞で遅延いたしました。バスは30分遅れで各地に到着しますことをお詫び申し上げます。」

この言葉を、バスの停まるポイントごとでマイクアナウンス。

しかも乗る時にも降りる時にも運転手さんがお客さん一人ずつに言っていた。

日本と違うなと思うのは、お客さんどの人もが全く怒っていなくて、「大丈夫ですよ。」「気にしないでくださいね。」とみんなが言っていたこと。気持ちがほっこりした。

ニュルンベルクからミュンヘンに戻るバスに乗った時は、バスが1時間遅れたけれど、なんで遅れているのか、いつ来るのかも全然分からなくて、みんな不安そうだったもんな。

日本では5分遅れでブチ切れて、運転手さんに暴言吐いたり、なんなら暴行したりする人もいるからね。30分なんかめちゃくちゃだもの。それだけみんな正確な時間に追われる生活を一生懸命送っているんだということはよく分かってるんだけどね。


フランクフルトの空港からは電車で15分くらい。

19時過ぎにホテルに到着した。


ホテル、立地は申し分ないほど駅から近い。目と鼻の先。


が。


部屋の鍵がどうやっても開けられない。

カードキーなんだけど、カードキーをボタンに押してからくるくるボタンを回して開けるという厄介なもので、何度やっても開けられない。
ドアのところに鍵の開け方が書いてあるけれど、左に回せと書いてあっても左に回せない時があったりとでとうとう疲れた。
もっと分かり易いものにしてくれよ。

6かい挑戦して、開けられたのは1回だけ。

みんなどうやって開けてるんだろう。



これが本当にイヤで外に出るのが億劫になるくらいだった。







[PR]
by lunemusique | 2016-11-29 23:44 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

11月28日

ロンドンに来て慌ただしい日々が過ぎ、電車でノッティンガムに辿り着いた。

恥ずかしい話、音楽とフィッシュ&チップスくらいのベタな知識しか無かったイギリスという国。

絵を見ることと友達に会うことが目的であって、ガッツリあそこもここもというものも無かったし、ガイドブックすら見なかったし、友達とおしゃべりしてその辺散歩でもできりゃそれで大満足だわと思っていた。

いやー、ロンドンってめっちゃ都会で驚いちゃったわ。果てしなく歩いたもの。侮っていた。

そして本当にエキサイティングな街。
いいねぇ、イギリス。とっても好きになりました。


その点、ノッティンガムは地方都市なのでのんびりした感じがあった。

クリスマスマーケットで賑やかな市内の中心と、ロビンフッドの銅像、お城、おおよそ900年前に建てられた古いパブに連れて行ってもらった。

ロンドンは本当に楽しかったねーでも今日も楽しいねーなんて話しながらビールをすすり、本場でのアフターヌーンティーをして、クリスマスマーケットの中のメリーゴーランドにも乗った。




楽しい日はあっという間に過ぎ去り、明日はドイツに一旦戻る。




この旅もそろそろ終わりに近づいて来た。





これから生きて行くのも、本当に強く生きて行ける気がする。





どんなことがあっても、どうにかなるさ。





って、自信がちょっとついた。














[PR]
by lunemusique | 2016-11-28 21:02 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

11月25日

今日、見たい絵を見に行って来た。


友達が学芸員さんに、絵がどの場所にあるか訊ねてくれ、「彼女はその絵が見たくて日本から来たんですよ!」と言うと、歓迎された。
「まぁ!そうなのね。おっしゃる絵は、この美術館の展示の中でも有名な絵ですからね。」と、綺麗な白髪のいかにもイギリスの上品なご婦人という感じの学芸員さんが案内してくれた。


色々な大きさの絵が、決められた範囲内にどのように展示すればいいか考えられ、決められた配置にきちんと置かれてるのがよく分かる。

展示は年代ごとに並べられている、さぁこちらですと手を向けてくれた先に、私の見たかった絵があった。



思っていたよりも随分と小さな絵。


見た瞬間に号泣したよ。



白い肌に長い睫毛。
細長い指。
少し巻かれた茶色い長い髪の毛。
花に囲まれドレスを着て。


あなたの最期がね、この絵みたいだったんだよ。


忘れられない。



美術館なので声を殺して泣いた。





逢いたかったなぁ。




いやぁ、本当に逢いたかった。






一生悔いは残る。


それはもう仕方ない。







たとえあなたがいなくても、強く生きて行ける。

たとえあなたよりずっともっと年を取っても、年を取れることに感謝できる。





あなたの人生は短過ぎたけれど、幸せに満ちていたものだと信じている。









私は大丈夫。



なんとかなる。






これからなんとかする。










[PR]
by lunemusique | 2016-11-26 01:34 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~

11月24日

時計の針、4時回っちゃったよ〜。


旅は折り返し。

やることリスト、結構ちゃんと出来てる。




あと9時間ちょいでロンドンへ向かいます。



ロンドンでは絵を見に行かなくちゃ。














[PR]
by lunemusique | 2016-11-24 04:08 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~