リクライニングが問題!!

8時30分ころに起き、出国の準備を・・・といっても一通り昨日にやってしまったのですること無し。
Copenhagenに来て、洗濯は一度もしていない。なので、着替えは無かった。着回し着回し。

9時30分にチェックアウトし、11時過ぎまでタイのツアー本を読んで、バスに乗ってKøbenhaven Hへ。

乗りなれたバスも、この街の風景も、今日でお別れ。

手持ちが空港までの電車賃しか無くて、1000円だけ駅で両替。
すると、両替所のお兄さんに「ぷっ!」と笑われた。(札は無く、小銭だけだったから?48DKK)
最後にHapsdogを食べ、チボリ公園のブランコ遊戯の写真が撮りたかったので何度も撮った。
電車で空港に向かい、空港で長い列に圧倒され、チェックインして、出国スタンプをもらった。
入国スタンプは無かったので、今回の旅の2回目のスタンプ。
Danmarkに到着したときは、21時だったし空港もよく見て回らなかったけど、今日は昼間だし、時間もあるので空港を見て回った。やっぱり、恐るべし、Danmark!で、建物の形や窓の形がかっこよすぎ。

飛行機に乗って、Thailandへ向かう。
そのときも、出国時刻表の電光掲示板にMunichの文字。千秋に「行くか?行くか?」と何度も言われ、「行っちゃう?行こうか?」と笑い合った。
機内は満員で、千秋の横にSweden留学中のタイ人女の子が居た。彼女は落ち着きが無い。そわそわしてて、私たちの話に耳を傾け、じっと見ていた。
「何歳なの?」と聞いても、「何の勉強をしているの?」と聞いても、上手く伝わらない。(「何歳なの?」って聞いたときなんて、コーラの缶を持って「これ?」と聞かれてしまったくらいチンプンカンプンな回答)
そんなこんなで、自分の英会話力が如何に幼稚なものか思い知らされた。(ヨーロッパ人とはまだ会話できたのになぁ・・・)
前にはタイ人の女の人と、白人の男の人が座っていて、男の人はやたらその女の人に喋りかけて、デレデレ。
お腹が空いて、千秋と「お腹空いたー!!」と言い合っていると、飛行機が離陸してすぐに機内食が出たのでラッキーだった。
食べ終えて、日ごろの寝不足がたたったのか、席のテーブルを倒して、そこにうずくまるように寝ていたら、前の男の人が背もたれを倒してきたもので、テーブルと背もたれに頭が挟まってキレて目が覚めた。ちくしょう。いい気持ちで寝てたのによっ!!!!と舌打ちし、2人の恋人のような会話と笑い声でイライラしてしまった。

今回の飛行機のメニューに、“アイスクリーム”の文字があって、「いつ出てくるのかなぁ?楽しみ~~!!!!」と言っていたものの、千秋も私も結局食べることは無かった。

飛行機はひたすら寝つづけ、気付いたら到着2時間前、朝食の時間だった。
もりもり食べ、日付が変わって5時30分、Thailand到着。




終始、肘掛に腕を置いて、座ったり立ったりもぞもぞし、千秋の腕に何度も腕や身体が当たって、もぞもぞゴソゴソしていたらしい。

何が気になるのか、千秋をずっと見つめ、視線を感じた千秋はそれも気になるし、腕や身体がぶつかってくるし、終始そんなこんなで寝られなかったらしい。

私は終始爆睡。スマンね、千秋!
[PR]
by lunemusique | 2006-07-25 14:35 | おんな二人の珍道中<完全永久版>