35分で異国~Sverige~

8時30分に目覚め、さっと用意して、バスに乗ってKøbenhaven Hへ。今日は電車でSwedenのMalmö(マルメ)へ日帰り散策へ行くことになりました。Malmöへは中央駅から直通で、そのまま35分ほど乗るとそこはSwedenなのですから。不思議でしょ?一応、パスポートを持って行くけど、そんな必要全く無し。
日本に住んでいるので、“国境”を渡り歩く経験が無いから、本当に不思議。大阪から東京に行くよりも近い距離で国を渡るのだから!

最初、Malmöの文字を見て降りたのがMalmö Sydと言う駅で、駅には何も無くって、小さなKioskと駅を降りたすぐのところにケバブ屋があったものの、私たちはデンマーククローネしか持ってないので、スウェーデンクローナに両替しなくちゃならない。(こう思うと、ユーロって便利!)
でも、両替所なんてどこにも無くて、お腹が空いてたけど、ケバブは食べられなかった。(店のオヤジにダメもとで「デンマーククローネ使えますか?カード使えますか?」と聞いてしまったよ。もちろんダメだったけどね・・・)
駅を降りると、両側に大きな駐車場があって、車が20台ほど停められていた。だだっ広い道が通ってて、回りは畑。バス停があるものの人の気配が無いこの街は、不思議な感じ。Copenhagenよりも気温が少し蒸し暑く感じた。

道を歩くこと5分ほど。車の往来が激しくなってきた。道を挟む両側に大型のホームセンターや家具屋が数件並んでいた。
FU*** Air Berlinの所為で、昨日返って来たトランクには15cmほどの亀裂が入っており、その補強のためにとBILTEMAと言うホームセンターで、そこのロゴが入ったテープ(それが一番安かった)をカードで買った。12.90SEK。
それからトボトボ歩くものの、だだっ広い畑の中にぽつんとあるこのホームセンター街以外は何も無い。
一軒ずつ見て回るものの、途中で挫折した。何しろ売ってるものが家電やら工具などで、面白いものが無い。だだっ広いしね。
最後に入ったのは家具屋で、普通に使う、北欧の家具を初めて見た。おしゃれとか、そういう考えでなく、この国の人にとっては普通なもの、家具なんだろうと。
やはり、デザイン性は別格。価格も、物価が高いので高く感じるけど、日本のショボイ家具を買うならこういう一生モノを買って大事に使う方が断然良い!と感じた。
思わず千秋に、「私、Munichの銀行員のお兄さんと、家具買いにここに来る!!」と豪語。家具の一つ一つがステキなのよ。子供用の家具も、男の子用と女の子用と、いろいろディスプレイされてて、色使いがポップで可愛かった。(アメリカンなサイケな色使いじゃなくて、優しい色合い)
ともあれ、機会があれば、是非こんな家具を買いに行きたいなと思った。

駅に向かい、そこでやっと自分たちが目的のMalmö Centralstationen(マルメ中央駅)に行っていないことに気付き、電車に乗って向かった。駅はプラットホームが6つほどの小さな駅だけど、レンガ造りで趣がある。駅の両替所で50DKKのみ両替(笑)そこの土産物屋ではがきを買った。

駅から街へ行くと、駅前は運河が流れており、ルンダンと言うボートが人を乗せて観光していた。
今日は日曜日なので商店やらは閉まってるところが多くて、人通りも少なく静かだった。まぁ、Sydよりは人が居るけどね。街は石畳で、Copenhagenよりもキレイに感じた。
フラフラして、Åhlénsと言う小さなデパート(?)に行った。中に無印良品があって、驚いた。しかも、表示が日本語のまんま!
そこで、カップケーキ柄のクロスを買った。白地にカップケーキの絵がいっぱい描かれていて、可愛いの☆
レジの順番を待っていると、前のおばあちゃんが「それ、何なの?」と聞いてきたので、「クロスみたい。可愛いでしょ?」と言うと、「私も買おうかしら?どこにあるの?」と聞かれ、指を指して場所を教えてあげた。

そこからフラフラ歩いていると、行きたかったFolm/Design Centerに辿り着いた。
石畳を歩くと、小さな半円状のゲートがあって、そこをくぐると、センターの広場でギターのアコースティックライブがやっていて、人がたくさん見ていた。あんまり興味が無かったので、人波をくぐり向けて、エントランスに入った。

古い木造りの4,5階の建物の3階までがエキシビジョン中。
私が今回の北欧で、見たかったもの(デザイン)はこれ!と言う感じで、素晴らしいエキシビジョンだった。
1,2階は椅子や家具等のアーティストのエキシビジョン。
3階は子供の空間のエキシビジョンと雑貨ショップ(marimekkoのカーテンが売られてたり)、10人ほどがくつろげるカフェが併設してあった。
そんなに大きなエキシビジョンではなかったけど、中は大きな窓があってステキ過ぎでした。
中を一通り見て回って、カフェに置いてあったここの案内(ポストカードになってるの!)を貰って、写真を撮って帰った。
センターの斜め向かいにステキな2階建ての白い木造りのCD屋があって、CDを試聴したり、店を見て回ったりした。大きさは2階合わせて神戸の黄色レコーズ3/4くらい。1階にカフェとCD屋が併設されてて、2階はCD、雑貨、本が売られてた。良いね、好きな音楽聞きながら雑誌読んだりおしゃべりしてカフェでくつろげるのって。

フラフラ歩いて、ベンチに座ってのんびりと涼子とオカンに出すはがきを書いて、近くにあったKioskで切手とグミとジュースを買って、食べて飲んでのんびりして、スーパーで今日の晩ご飯を買った。今夜は香草がのったサーモンスライスと、ハンバーグ、マカロニとエビのサラダ、チーズ、を残ったパンと食べよう!となった。

駅方面へ帰る途中、教会に入って、見て回った。そんなに大きな教会じゃないけれど、何百年もの歴史を感じる教会だった。

電車に揺られCopenhagenに到着し、バス停でバスを待っていると、同じ部屋のドイツ人の女の子2人がやって来た。「今日はどこに行ってたの?」と聞くと、「動物園に行ってきたよ!」などなど少し話し、20時過ぎに宿に到着。

今日買ったサーモンなどをお皿に並べたりして、まだ少し明るかったので、外でご飯を食べた。
久々にちゃんとした料理を食べた気がした。(最近、時間も不規則で、食べるものもまともなもの食べてなかった気がする)
パンに挟んで食べた。とにかくサーモンが美味しすぎ!でも、マカロニサラダは不味かった。マカロニが固かった。

結構残ったので、残りは全てサンドイッチにして冷蔵庫に入れ、部屋に戻り風呂に入ってゆっくりし、23時就寝。

Danmarkの水って、水道ひねると良い感じに冷たい水が出て美味しい!
なので、冷たい水が飲みたくなったら、蛇口をひねればいい。買う必要なし。
ドイツの水もスペインの水も生温かったけど、ここは最高!!


[PR]
by lunemusique | 2006-07-23 12:03 | おんな二人の珍道中<完全永久版>