旅のこぼれ話⑪

私は常日ごろから、巫山戯たことばかりを言っています。


今回もバッキンガム宮殿では、

「ようこそ、我が宮殿へ。ごめんなさいね、今日は鍵を忘れたから、中にはご招待できませんけど・・・」

と言うと、二人は大笑いしていました。

「ええええ!!ここ、家なの?」
「ええ、そうよ。中に入るまで鍵が9つ必要なの。持って来るのを忘れちゃったわ。今度ご招待するときは、必ず招待状をお送りするわ。郵送じゃなくて、私のスズメちゃんがお手紙をあなたの家まで招待状をお届けするから。ハリーポッターのようにね。」
「えええええええ!!!スゴイ!!!!!!」
「あそこの守衛、見えるかしら?彼はトムって言うの。良い人なのよ。」
「トムぅ〜〜!!!!こんにちは〜〜〜!!!!!!!」
「もちろん、手ぶらで来て頂いて結構よ。ティアラもドレスも、アクセサリーも靴も、下着までもご用意してお待ちしているわ。」
「下着まで!?」
「たぶんドレスは1000着ほどあるから好きなのを選んで頂戴ね。」
「私、女王陛下の王冠被りたいな〜!」
「もちろんですわ。おばあさまに聞いておくから。」
「お部屋はどこなの?」
「この、奥のところなの。だからここからは見えないわ。」
「私たちの部屋もあるの?」
「もちろんよ。」
「パブは?」
「宮殿の地下にあるわよ。ただね、ビールはパイントで10杯までね。酔っぱらい過ぎるとおばあさまに怒られちゃうから!」
「それってタダで?」
「もちろんよ。だってご招待だもの。あ、良ければパーティーにも来る?仮面舞踏会よ。」
「行きたい!!!」


そんな会話をし続けると、彼女たちは私に、「Yes, Your Majesty(はい、陛下)」と言ってお辞儀をしていました。
そして、至るところで「これ、おばあちゃんでしょ?」「そうそう!」という会話が繰り広げられました。







冗談というのは、時には難しいけれど、通じるとおもしろいです。













[PR]
by lunemusique | 2016-12-12 11:19 | 永久版おんな二人の珍道中〜10年後〜