旅のこぼれ話⑩

ロンドンのフラットに到着して、まずやったことは、スーツケースの中身を開けてお土産を渡すこと。

以前に欲しいと言っていたTシャツと、ピカチュウのぬいぐるみの付いたキーホルダー、ポニョのタオル、抹茶味のキットカット。
二人の内の一人には、お願いされていたヌジャベスのアルバムを。

私たちが仲良くなったキッカケは、ジュラシック5。ヒップホップを好む女の子たちで、その一人はヌジャベスが好きだというので、以前にヌジャベスでも話が盛り上がっていました。

「私ね、ヌジャベス好きだけれど、イギリスでヌジャベスのアルバムを探すのは難しいんだ。」
「どうして?」
「ヌジャベスはアンダーグラウンドだし、あってもCDはとても高くて買えない。」
「いくらくらいするの?」
「40ポンドくらい。」
「それは高いね。」
「うん、高くて買えない。」
「じゃあ、今度イギリスに行くときに持って行ってあげるよ。」
「ええええええ???」
「いいよ、どのアルバムがいいの?」

そんな会話をしていて、彼女の欲しいというアルバムを聞いていたのです。

「全部は買えないけど、どれか一枚買って持って行ってあげるよ。」
「うわぁ!嬉しい!!!」

もう一人の子には一つ分のお土産が少ないことにお詫びをして、彼女にModal Soulを渡しました。

二人はとても大喜びで、CDをパソコンに入れて聞き始めました。

「私たちこんなにお土産もらったけれど、なにも渡すお土産が無いから、ロンドンで買って渡すね!」
「いやいや、今回こうやってご招待してくれたことで本当に満足だし。十分過ぎるよ。」
「でも、わざわざ来てくれたんだし。私たちの気が済まないよ。」

そう言って、二人はああだこうだと言いながら、ロンドンのキーホルダーやピカチュウのキーホルダー、Mr.ビーンのおもちゃ、プレイモービルなどを買ってくれたり、ビールを何杯もご馳走してくれたりしました。

ロンドン滞在時は行きたかった美術館や大英博物館へ行ったり、バッキンガム宮殿へ行ったり、ビッグベンやロンドンアイを見たり、ロンドンタクシーに乗ったり、何カ所ものパブに行ったり、たくさんのことができました。ハロッズへ行ったり、ハムリーズへ行ったり、ハイドパークでは、ウィンターワンダーランドと言うとても大きなクリスマスマーケットがやっていて、そこでああだこうだと言いながらビールを飲んだり、一人の子の両親と交えてビールを飲んだり、とても楽しい想い出ができました。



「こんな楽しい旅は初めてだわ!一生忘れない!!!」




二人は何度もそう言っていました。







私も、一生忘れません。












[PR]
by lunemusique | 2016-12-12 10:53 | 永久版おんな二人の珍道中〜10年後〜