旅のこぼれ話⑤

ウィーンに到着して、友達に逢いました。

ドイツ語が分からないので、ぜーーーーーーんぶ通訳してくれてマジサンキューだぜ!!!

お土産であげたプレゼント、めちゃくちゃ喜んでくれました。特にキットカット。

「これ、ワサビ味?」
「違うよ。抹茶味だよ。」

ある意味ワサビ味ってあったらおもしろいかも。


オーストリアってドイツのお隣の国なのに、雰囲気が全然違う。ドイツよりも石畳の道が平坦なので歩きやすいのと、建物が全体的に白く感じたのと、近代的な建物がドイツよりも多いような気が。そして、友達の通う、ウィーン工科大学もちょっとだけ覗くことができました。

ウィーン工科大学は学部によっていろいろと点々とあって、社会人や留学生もいっぱいいるんだって。友達も普段はイタリアで働いていて、働きながら大学に通っている。EUってそういう意味では国をまたぐ国境というものがあんまり感じられないもんだね。

なにかの話の間で、「そういえば、"明後日"ってスペイン語でどういうのか?」という話になって、「えーっと。私、この間ウチに来てたアルゼンチンの友達には"マニャーナマニャーナ(明日、明日)"って言ってたな・・・」というと大笑いしていました。

ウィーンのカフェはねぇ、なんか時代を感じていいのよ。雰囲気が!そんなところでケーキとマリア・テレジアという名前のコーヒーを飲みました。バナナとチョコのケーキを頼んだんだけれど、それが美味しい!!!マリア・テレジアはコーヒーの上にホイップクリームが乗っていて、という所謂"ウィンナーコーヒー"の一つなんだけれど、コーヒーにアルコール度数のめちゃくちゃ高いオレンジのリキュールが入っていて、これでちょっといい気分になりました。


ウィーンにいる間に、スロバキアの首都のブラチスラバへ行きました。
バスは定刻で来たので、「おお!すごい!!!」と感動。

スロバキアは雑貨がかわいい。色合いが黄色と白が多くて、丸い花柄とか、鳥柄モチーフが多くて、小物天国!お皿とかすごく欲しかったけれど、まだ旅の序盤なので涙を呑みました。




帰りのバスは30分くらい遅延していました。「やっぱりね。でもね、ぜーーーーーんぜん大丈夫なんだから!!」と思いました。








ちなみに、私は食べることが大好きなのでスーパー行くのが好きなのですね。
そこで、スロバキアの調味料が欲しくてなんとなく売れてるなと思ったチューブ型の調味料を買ったところ、ホテルに戻って調べるとハンガリーのパプリカの調味料でした。とにかく文字が読めないので分からないのよね。
そして、スロバキアでビールを買ったところ、1本はスロバキアのビールだったけれど、もう1本は違う国のものでした。




まぁ、いいか。













[PR]
by lunemusique | 2016-12-09 13:35 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~