旅のこぼれ話③

今回ホテルはどこも駅近を予約していたので、中央駅から徒歩で5分くらい。

ミュンヘン滞在中は、ノイシュバンシュタイン城の現地ツアーとニュルンベルクに個人で行くことにしていました。

ノイシュバンシュタイン城は日本人向けの現地ツアーだったので、バスが遅れているということでも日本人のガイドさんの案内があったけれど、ニュルンベルクのバスは遅延と乗り場が途中で変更になっていました。

ニュルンベルク行きのバス停は中央駅から徒歩で10分くらい。道に迷っては困る、と思って前日に予習をかねて実際に行ってみたので道に迷うことはありませんでしたが、このバス乗り場と表示が出ているところで並んでいると、なぜかバスの出発時刻間際にパリ行きの表示に変更されていました。

「あれ?」と思い、近くに並んでいた女の子に、「ニュルンベルクに行かれますか?」と尋ねると、親切な女の子は、「バスはまだ来てないけれど、乗り場があっちに変わったよ!」と教えてくれました。

バスは30分くらい遅れてやって来てニュルンベルクに向かいました。まぁ、急いでるわけじゃないからいいけどね。


帰りのミュンヘン行きのバスは一時間以上の遅れ。

途中、いろいろな人がバスが来ないことにバスの案内所に聞きに行っていたけれど、なんで遅れてるのか、いつくるのかは分からずじまい。



バスには乗れたけれど、ミュンヘンのバスターミナル付近というところで突然バスが止まりました。


「え?どうした?」となっていると乗客たちがザワザワし始め、ドイツ語が分からないので隣の席の人に、「どうしたんですか?」と尋ねると、「先の道で工事なんだって。で、後からもバスや車が何台も来てるから抜け出せないみたい。もう動かないよ。」と教えてくれました。


「マジか!」となっていると、乗客たちはみんなバスを降り始めました。

「どうされるんですか?」と尋ねると、「ここから中央駅までは近いし、トラムに乗って帰るよ。」と言うので、その人たちに連なって中央駅まではトラムで帰りました。





ミュンヘンの駅の券売機は大概日本語表示ができたものの、表示された日本語がイマイチ分かり難くて、逆に英語の方が分かり易かったです。







あ、ニュルンベルクでは、Traum Eisに行きました。店はカフェのように変化していたけれど、アイスは売っていたし、店の名前も場所も変わっていなくて嬉しかったです。






あの子の好きだったマンゴーを注文し、噛み締めながら一人で食べました。











[PR]
by lunemusique | 2016-12-09 06:09 | 永久版おんな二人の珍道中〜10年後〜