11月29日

早朝のバスに4時間揺られ、飛行機に乗ってフランクフルトへ来た。

まず、早朝のバスが遅延してドキドキしてしまった。7時15分発なのに、全然来ない。まぁ、こんなこともあっては困るのでと出発時刻の3時間前に空港に到着するバスを選んでおいて正解。バスは30分遅れでやって来た。

今回、ドイツとオーストリア、スロバキアとイギリスとと長距離バスに乗ったが、バスの遅延で"謝罪"の言葉を言ったのはイギリスだけだったので、逆に何度も何度も謝る運転手さんに恐縮してしまった。

「お客さま、大変申し訳ありません。今日のバスは渋滞で遅延いたしました。バスは30分遅れで各地に到着しますことをお詫び申し上げます。」

この言葉を、バスの停まるポイントごとでマイクアナウンス。

しかも乗る時にも降りる時にも運転手さんがお客さん一人ずつに言っていた。

日本と違うなと思うのは、お客さんどの人もが全く怒っていなくて、「大丈夫ですよ。」「気にしないでくださいね。」とみんなが言っていたこと。気持ちがほっこりした。

ニュルンベルクからミュンヘンに戻るバスに乗った時は、バスが1時間遅れたけれど、なんで遅れているのか、いつ来るのかも全然分からなくて、みんな不安そうだったもんな。

日本では5分遅れでブチ切れて、運転手さんに暴言吐いたり、なんなら暴行したりする人もいるからね。30分なんかめちゃくちゃだもの。それだけみんな正確な時間に追われる生活を一生懸命送っているんだということはよく分かってるんだけどね。


フランクフルトの空港からは電車で15分くらい。

19時過ぎにホテルに到着した。


ホテル、立地は申し分ないほど駅から近い。目と鼻の先。


が。


部屋の鍵がどうやっても開けられない。

カードキーなんだけど、カードキーをボタンに押してからくるくるボタンを回して開けるという厄介なもので、何度やっても開けられない。
ドアのところに鍵の開け方が書いてあるけれど、左に回せと書いてあっても左に回せない時があったりとでとうとう疲れた。
もっと分かり易いものにしてくれよ。

6かい挑戦して、開けられたのは1回だけ。

みんなどうやって開けてるんだろう。



これが本当にイヤで外に出るのが億劫になるくらいだった。







[PR]
by lunemusique | 2016-11-29 23:44 | 永久版おんな二人の珍道中~10年後~