家族から。


John Peel's Sounds of the Suburbs/Cornwall

コーンウォールと言えばですが、私の中ではエイフェックスツインが育った街という認識くらいしかなくて、これもまた勉強不足だったのです。

コーンウォールはイギリスの国、ほぼ直角三角形のようになっている底辺の南東の先端にあるビーチリゾート地なんですね。ほんと、全然知らなかった。彼女たちに出会うまで、実際に赴いて本当に出会うまで、イギリスという国がこんなにもエキサイティングで面白いところだって思うことがなかったので、コーンウォールだって単語の一つ、地名の一つくらいにしか思っていませんでした。


「ルネちゃん、さっきコーンウォールのお土産を送ったから。」

「えぇえええええ!!!なんだって!!!!??????????????」

「ほら、この間家族旅行でコーンウォールに行くって話したでしょ?」

「聞いてたけど、そんな、お土産なんか気を遣わなくていいのに!!!」

「うちのお母さんも、ルネちゃんがきっと喜ぶはずだって言ってたし。みんなあなたの喜ぶ顔が見たいのよ。」

「えええええ!!!本当か!!!ありがとう!!!!」



そう伝えられてから数日後、台風直撃の大雨の中、我が家の郵便ポストの中に小包がぶっ込まれていました。

ちゃんとビニールパックで梱包してくれていたので、雨に当たっていても中身は大丈夫でした。フーーー!


早速中身を開けると、コーンウォールのグッズが詰め込まれていました。

コーンウォールって書かれたビニールバッグ、コーンウォールの名物のコーニッシュパスティ型ぬいぐるみ(?)、貝殻のブレスレッド、コーンウォールと書かれたクロス、いい匂いの石鹸・・・そして、私が大好きなイギリスのクッキー、ショートブレッド!


イギリスにいる間に買った、テスコのショートブレッド。もう食べちゃって寂しかったところだったのよ!!!日本でもウォーカーズのショートブレッドは買えるんだけどさ、それはまたちょっと違うからね。



手紙には、「また会いたいね、今度来る時は一緒にコーンウォールに行こうね!!」なんて書かれていました。ううう。泣きそう。


早速お礼にメールを送ると、「あなたは私たちの家族なんだから、家族にお土産と思ったのよ!私たち家族はね、あなたの喜ぶ顔が見たいのよ。」なんて言ってくれて、また泣きそうになりました。


友達の両親は、私のことを「日本の娘」と言ってくれて、一回しか会ったことがないのにいつもそうやって言ってくれます。ほんと、彼女と彼女の家族の温かさ、海を越えて受ける愛情は、本当にありがたいなぁと思います。





「イギリスの料理はまずい!」とよく聞いていたこともあったし、実際にイギリス圏の国へ行った時に食べたトマトソースの豆の缶やソーセージ、パイ、その他イギリス料理と呼ばれるものは、いつも「空腹をしのぐためだけに耐えて食べていた」という印象しかなくて、そういった点でもイギリスに魅力を感じていなかったのです。ショートブレッドぐらいしか好きなものがなかったもの。

彼女たちがイギリスに招待してくれた時も、その前からずーーっと、トマトソースの豆やソーセージ、ベーコン、薄切りのカリカリに焼いた食パンなんかを「私はあんまり好きじゃないんだよなぁ。」と言い続けていました。もう、あの頃の経験がトラウマだったってのもあってね。

でも、せっかく来てるので、と、ロンドンにいる間に私のためにとティピカルなイギリスの朝食を作ってくれて、「本当はこんなに美味しいんだ!」とびっくり。一番嫌いだったお豆は、美味しくておかわりしたしね。


なので、コーニッシュパスティも、きっとコーンウォールで食べたらとっても美味しいんだろうなぁ。






はぁ〜〜〜、イギリス。





また行きたい!





そして、お土産を送ってくれて、本当に本当にありがとう。大事にするね。















[PR]
# by lunemusique | 2017-08-09 22:44

やった!!!

高校からの親友とデートが決定♡


Andrew W.K./We Want Fun
高校の頃に仲の良かった友達とは、買い物が大好きという点でいつも二人で買い物に出かけていて、学校の帰りとか、というか学校に行くのが面倒臭くなって二人でこっそり出かけたりとか、数え切れないほど遊び呆けてた仲。

彼女が結婚をして、子供ができて、それからもたまに会ってはいたけれど、二人でどこか出かけることはなかったのです。

「ねぇ、ルネちゃん今度の休み空いてる?」
「うん、空いてるよ。」
「パパに子供たち見てもらえるから、二人で出かけない?」
「ぎゃあああああああああああ行こう行こう!!!」

そんなの、即答に決まってる!

もう、顔がニヤニヤしてるのが自分でも分かるくらい。


「どんな服着て行こうかなぁ?」
「あ、この間言ってたやつ着てきてよ!」
「おしゃれしてきてね〜!」
「うははは!!!」
「何時からにする?」
「もう10時スタートでいいんじゃない?」


そんな会話を続けながら、楽しみで楽しみで仕方ない。






うわ〜。突然やってきた朗報に、アンドリューのこの曲がヘビロテ中だった私にとってこの曲のタイトル通りになりました。








We Want Fun!!!!













[PR]
# by lunemusique | 2017-08-03 00:27

リアル電波少年。

忙しい兄。


Something Else/ラストチャンス
私は兄のことを、リアル電波少年ってこっそり呼んでいるんだ〜。

この間、7月くらいに日本に帰ってくると聞いてたのでメールを送ると、返事があった!

「今、どこにいるの?」
「昨日、日本に帰ってきたよ。」
「あら、おかえりなさいませ。」
「でも、明後日からまた出張だけどね。」
「どこ行くの?」
「ドイツ。」

ここ何年も家にも帰ってきてないので顔すら見ないんだけど、頻繁にお土産を送ってきてくれる。

「今度送るわ。」
「なに?」
「ほれ。」

と、写真を送ってくれた。

「ぶっ!ワタクシ、大好物ですよ。」
「ww」

兄がセレクトするTシャツはウシジマくんのG10くん並みのハイセンスで、着こなすのが難しいのがほとんどなんだけど、選択が素晴らしい。

私はTシャツが大好きなので、とても嬉しい半面、いつももらってばっかりなので悪いなぁと思う。

「なんか送ろうか?」と言っても、「当分家に帰らないし、てかいつ帰るか分からないから受け取れないのでいらない。」と言う。


んで、今回も現地で調達したチョコも送るねとのこと。



ありがてぇ、まじありがてぇ。






去年、自分がヨーロッパにいた時に、「そうだ、あいつヨーロッパにいるかもしれない!」と思ってメールしたら「今、アメリカだよ。」と言われて会えなかったんだけど、「あのさぁ、今度どっか行ってる時に会いに行くよ。日本じゃ会えなさそうだし。現地集合現地解散で。共に飲みに行こうじゃないか!ジジババ兄妹でよ!!!!」と言うと、「いいよw」とのこと。





そんな日が来ることを楽しみにしつつ、忙しく駆け回ってるので身体には気をつけて欲しいです。















[PR]
# by lunemusique | 2017-08-02 02:07

おじいさんから。

オーナーと私。


Daughter/Love

忙しく働いていると、おじいさんに「(オーナーの)娘さん?」と聞かれた。


オーナーは「違います違います!!!」とブンブン手を振りながら否定してた。




ぷっ。



私とオーナーって、10歳も歳変わらないのに!





前に、ママおじさんと歩いてた時に「お父さんどこの国の人?」と聞かれたことがあったけれど、今回は「娘さん?」だって。







私、一体どんな顔してるんだろう?




















[PR]
# by lunemusique | 2017-07-24 01:03
フレームは買っていたものの。


眼鏡市場
私は目が悪くて、メガネを常にかけている。コンタクトレンズだった学生の頃に金属片が目に刺さり、メガネに変えたので、もう15年くらいはずっとメガネ。
メガネを買う基準として、メガネのフレームが気に入っているものをまず選ぶのだけれど、これが意外と難しい。

というのも、顔がでかいので似合うフレームが限られていることと、セルのフレームが好きなので、そういうのを見つけること。

最近はレンズだけ入れるというのも安くなって、本当にありがたい。昔はメガネをフルで買うと、4万くらいしてたからね。


トニー谷/そろばん漫談
今回はキャットアイ型で、まぁ、言ってみればこういうトニー谷さんみたいな釣り上がったフレーム。
本当は、こんな太いのが欲しかったけれど、意外に売ってないのよねぇ。いろいろ探してると、トムフォードの女性用にキャットアイ型のものを発見して通販でフレームだけを買っていました。見た目がトムフォードっぽくないのも気に入った点の一つ!

そのままレンズを入れれば済むだけなのだけれど、鼻ぺちゃ平顔族の私は、鼻盛というものを施さないとかけられる状態では無かったので、鼻盛をしてくれる店を探すのが大変!

「いや、うちの店で購入してくれたものであればできるのですが、持ち込みは断っています。」
「そもそも鼻盛はやっていません。」
「昔はやってたんですけどねぇ、今はやってないんですよ。」

断られ続けて、見つけた店は。

「鼻盛は無料ですが、レンズは3万8千円です!」

ヒャーーーたっかっ。


半ば諦めていて、家の近くにある眼鏡市場でダメ元で聞いてみると・・・



「あ、やってますよ。修理って形になるので、修理代はいただきますけれど。」
「おいくらですか?」
「5千円です。あと、レンズは1万ちょいなので、全部入れても2万ないですね。」
「片目?」
「いやいや、両目のレンズ代ですよ(笑)」



拍子抜け。



「じゃーお願いします」とお願いして、仕上がりました。



うううう!意地悪そう〜!!!!!



最近、毎日真面目に化粧をするようになったので、アイラインをキッと釣り上げて、もうどこからどう見ても意地の悪さが露呈してるのがたまらなくいい!!!!!







最高!













[PR]
# by lunemusique | 2017-07-21 01:51